So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ル・マン24時間レースでトヨタが勝利 [日常]

3大レースの1つで、あまりにも有名な「ル・マン24時間耐久レース」が開催されました。

耐久レースがWECという形でシリーズチャンピオンも争う形になり、ル・マンもその中の1つになっているのですが、別物という扱いのようです。


WECのシリーズチャンピオンと同等の価値がル・マンの勝者にもある・・・というかそれ以上かも。


トヨタは去年は3台体制で初優勝を目指しましたが、マシントラブルなどで優勝できませんでした。

昨年の勝者は、ポルシェでした。


しかし、ポルシェはLMP1とカテゴリーからは今年は参戦しなくなり、LMP1で出てくるのはトヨタだけと思われていました。

当然、ライバルがいないので今年の優勝は間違いないと思っていましたが、LMP1でノンハイブリッドエンジン・・・つまり普通のエンジンでエントリーでき、ハイブリッドエンジンより燃料の使用量などで有利な条件となりました。


突然出てきたライバルに、トヨタは勝てるのか?


なにせ、ハイブリッドエンジンより、ノーマルエンジンのほうが故障など少ないのは明らか。

さらに、燃料などで規制がゆるくなったノーマルのほうが早いのでは?


なんて言われていましたが、結果的には「やはりハイブリッド速いわー」という感じでした。


スタートから特に大きな問題もなく、トヨタ勢が1-2フィニッシュで優勝しました。


CATVで長い時間をライブで見ていましたが、面白かったですね。

中継での会話がおもしろすぎて・・・雑学が面白い。


フォーミュラーEの中継でも、先頭のマシンが1週目のヘアピンコーナーでスリップして回転した瞬間に


「なにしとん!」


ってコメントが・・・


今までの実況では、なかなか聞けない言葉です。


そんな感じで、ル・マンの実況でも、おじさん達の居酒屋ネタ的な話が出てきて、楽しくてずっと見てました。


24時間をずっと走るわけですが、最近の車の耐久性が高いために、耐久レースというよりはスプリントレースの長いバージョンみたいになっています。

エンジンとか足回りの故障などでリタイヤする車は少なくて、タイヤバーストだったり、接触でのダメージばかり。


壊れてピットに戻ってきて修理している・・・なんて場面はほとんどありません。

あったとしても、短い時間で修復できるマシンになってます。


車の進化って凄いなと感じたレースでした。

スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今更ながらに育った環境を考える・・・ [日常]

おっさんになって、色々と考えても子供の頃の環境は酷かった・・・

その環境のまま暮らしていたら・・・と思うとぞっとする。


一般的な家庭という意味ではほど遠い家庭だった。

離れてしまえば関係ないので、遠くに就職したのだが、一時期はそこそこ近くに居たりした。


でも、また遠く離れた。


正解だった。


問題は母親なのだが、昔から変わっていない。とにかく、酷い。

流石に酷いので色々と調べてみると「毒親」というのがわかった。


これも、比較的最近出てきた言葉で、毒親にも色々と定義やタイプがあったりする。

うちの家は、毒親度がかなり高かった。


まあそうだ・・・それを知っているから早く家を出たのだから。


ただ、問題なのはそれだけではない。毒親の家庭で育つと子供も毒親になる可能性が高いと。

虐待を受けて育つと、自分も動物などに虐待をするというのが昔から言われている。


これも、同じようなものかもしれない。


しかし、家から離れて何十年も経過すると、色々と違うところが見えてくる。

違うところというのが、自分も影響を受けている部分が多く、変える努力をしていった。

正直言って親が反面教師の部分が大きくて、あのようになってはダメだと思っていたのだけど、少なからず影響は受けているわけで、自分も気がつかない部分で同じような行動をしていることもあった。


あとで思い返して、「あれはダメだ」と反省し、改善するように切り替える。


親だから・・・というワードで何も考えずにいるのは危険だ。

親だからこそ、離れたほうがいい場合もあるし、関わらないほうがいい場合も多い。


親不孝なんて言われるかも知れないが、それこそが恐ろしい呪縛だ。


まだまだ、勉強中だけど今でも苦しんでいる人も多いし、過去に苦しんだ人も多い。

自分の家以外の家庭を知ると、自分の家庭環境の状態がわかる。

子供の頃に友達の家と違うことを指摘して「うちはうち!」なんて言われたら、やばい環境の可能性は高い。

スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新幹線での事件について思うこと [日常]

新幹線の車内で殺傷事件が発生した。以前にも、新幹線の車内で焼身自殺をして、乗車していた人が巻き込まれた。

その際にも、安全性の問題が指摘されていた。


確実なのは、「手荷物検査」なのだけど、新幹線で実施してしまうと混雑するのは明らか。


事件を起した容疑者は、精神的にも問題があったようだし、家庭的にも問題があったようだ。


今回の件で、安全対策を強化するのは仕方ないけど、公共交通機関で対策するには費用も多くかかり、多くの人の時間も奪ってしまう。

それよりも、精神的な問題を抱えている人や、家庭的な問題を抱えている人などを対象に対策をしたほうがいいのでは?と思ってしまう。


多くの場合は、「孤独」であったり「社会との拒絶」があったりする。

その部分を対策できるのであれば、その人にとっても良い方向に行くと思うのだけど・・・


人の精神的な部分というのも難しい問題であるのは間違いないのだけど・・・


新幹線の中でも、怪しい行動をしている人を見かけたら注意しないといけない。

スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自分で考える力がやっぱり重要だね [日常]

日本大学のアメフトの試合の件では、連日報道されていますが、今回は、日大アメフトの選手たちが大人に助けてほしいとSOSを出しているとか。


大学生なので・・・もう大人なのですが、今までは明確な指揮系統で動いてきたので、その指揮系統以外ではどうすればいいのか?わからないのかも知れない。


そういう意味では、大学の教育とかクラブ活動ってしっかり機能しています。


そう、日本の会社で必要とされているのは指揮命令系統に従って忠実に動く人が欲しいから。

大学とかでしっかり教え込まれているのがわかります。


これは、自分達も同じでしたけどね・・・


学歴が低いほうが、社会で成功しやすいなんて統計があったりしますが、学校で教えてくれるのは会社組織で働く優秀な働きアリを育てる教育で、社長になるための教育ではありません。


言われてことや指示されたことは出来るけど、それ以外は出来ない。

新しいビジネスモデルや、業務改革なんて出来ないのは、そもそもそういうことが出来ないように教育されているから。


業務改革とかやられたら困る人が大勢いますからね。


効率悪い方法でやっているほうがいい・・・なんて意見も多くありますから。

スポーツの世界でも最近まで問題になっている団体とかありましたし、まだまだ沢山の問題ある所も多いだろうし・・・


変わっていくのか?そのままなのか?


結局、決めるのも今の自分達。


どの方向がいいだろう?議論するのもいい機会。

スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電気製品の寿命 [日常]

最近は、色々と電気製品が壊れてしまう。去年は、マンションのポンプが壊れて水が出ない・・・なんて状況になり、さらに入口の電動の鍵が動かない・・・なんてことも。


今年になり、ガス給湯器が壊れ・・・今回は、冷蔵庫。

ガス給湯器は、20年近く経過しているので、まあ寿命です。長い間ご苦労さまでした。


冷蔵庫も、7年以上経過しているので頑張っているほうです。

冷蔵はできるのですが、冷凍庫が氷点下まで下がりません。


暑くなって氷でも作ろうとしたのですが、氷が突然できなくなってしまった。

冷凍庫の中の食材も少し柔らかい・・・


冷蔵庫の冷凍機能だけに修理は難しいだろうな・・・

スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日々変化する東京 [日常]

変化の早い東京ですが、とにかく早い。

最近でも、日比谷に新しいビルが建って話題になっているけども、全然行けてない。


少し前は、虎ノ門に虎ノ門ヒルズが出来たのだけど、そこも行けてない。


渋谷は、2020年までに沢山の再開発が予定され、現在進行中。

山の手線には新しい駅もできるし、品川駅にはリニアの新しい駅が出来る。


とにかく、色々なところが開発がされている。


更に、近所を歩いているだけでも家が建て替えられていたり、新しい建物になってマンションだったり分譲の住宅に変化していたりする。


日々、変化し変わる東京。


そんな中でも、全然行けていないところが多い。


先日は、国立近代美術館で「横山大観展」を見てきた。九段下にも近く皇居にも近い。建物は、江戸城の内堀の中に存在する。


東京都内でも、多くの博物館、美術館が存在する。沢山ありすぎて、とても全部は行けてない。

それでも、なにかしらの特別展があると暇を見つけて行っている。


多くの人が来ている。美術や芸術に対して、興味を持っている人が多い。多くの美術館や博物館があるからこそ、普段から接することが出来るので興味を持つ人も多いのだろう。


地方都市では、毎月のように興味がある特別展が行われていることが少ない。

そもそも、美術館、博物館の数が限られるので、どうしても回数が減ってしまうのは仕方ない。


人生において一度でもいいので、是非東京で暮らしてほしい。

なんだかんだ言って日本の首都。色々な情報も集まるのも首都に集まる。


そのうえで、地方に戻って良い所、悪い所ももっとわかると思う。知らないで、東京や都市の批判はできない。

最近思うのは残念ながら、「田舎=人がいい」というのは成立しない。

東京も当然、場所や人によるけども、電車内でのマナーや席の譲り合い。

助け合う精神などは、びっくりするくらい向上している気がする。


先日も、スーパーの前に自転車がびっしり駐輪しているところで、隙間に自転車を入れた人が横の自転車を倒して将棋倒しで数台が倒れてしまった。

目の前だったので、1台を立てたのだけど、周りにいた数人の方も別の自転車を立てていた。


これにはびっくりした。東京の人は冷たい・・・なんて言うけど、最近は全くそう思わない。

都内だと海外の人も多いので、もうなんとも思わなくなった。


居て当たり前。むしろ、近所に住んでいる人も多い。


生物が生き残るのは、環境に適応できるかどうか・・・という話がある。

進化というよりは、環境の変化に早く順応、適応できるかで生き残れるか変わるという。


変化の早い場所にいればこそ、そういう力もつくのかも知れない。

スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

車の運転と自動運転 [IT]

高齢者による車の事故が多く発生している。ニュースになるような重大な人身事故が多い。問題なのは、高齢による運動能力の低下と反応速度の低下。視力の衰えと判断能力の低下・・・これは、年を重ねれば誰でも起こること。

人によって程度の差はあっても逃れることはできない。

もっと問題だと思うのは、運転技術についての自信は高齢になるほど高くなるということ。これは、長いこと運転することで「自分は運転がうまい」と思ってしまうのだろう。

これは非常に危険だと思う。長く運転することで運転技術というのは全く上達しないと考えている。いくら毎日10kmくらい同じ道で60km以下で運転する人と、月に1回だけだけどサーキットで練習走行をする人はどちらが運転技術が高いのか?

比較するものが違いすぎるのかも知れないけど、60kmから急ブレーキをかけるのと100kmからかけるのでは全く違う。車はスピードが上がれば全く違う動きをする。

しかも、毎日同じ動きで同じルートでは技術的なものは向上しないだろう。同じ運転方法で行うのであればさらに。

ブレーキをかければ止まるというものでもない。荷重移動というのも意識しないといけない。自動車教習所で教えてはくれない。

以前は、カーブに進入する際にブレーキをかけて減速してからアクセルを踏んで加速しながらカーブに進入すると言われていた。しかし、車の性能の向上やタイヤの性能が上がることで少し変わってくる。

カーブに進入してハンドルを切り始めるくらいまで少しブレーキを残すほうが早く走れる。カーブまでに完全に進入速度まで落とさずに少し速めに進入しながら少しブレーキを残しつつハンドルを切る。

そのほうが、全体的なスピードも上がるし、進入時にアンダーステアになりやすいところをブレーキを残しているので、前荷重となりハンドルがききやすい。

車の性能や道路の状態によって運転技術も変わってくる。自分の運転技術がすでに高いと思っていると、それ以上の進化はない。

身体能力が落ちてくるのも仕方ない。結果、運転技術というのも残念ながら落ちてしまう。それを自覚しないと同じやりかたで運転するのは危険。

それを補ってくれるのが「自動運転」だと思う。完全な自動運転ではなくて、アシストするくらいでいい。完全な自動運転になってしまうと運転技術が落ちてしまう。

アメリカ海軍の空母艦載機のパイロットは、着艦訓練を定期的に行って技術の向上を行っている。空母への着艦を失敗するととんでもない惨事になってしまうからだ。

空母からの発艦については完全に自動化されているので、最近の映像では両手ともキャノピーのところのレバーを持っている。ただし、着艦は別。

でも、着艦も自動でできるようにはなっている。それでも、そこはやらない。同じように完全に車の運転も自動化するのは危険だ。

そろそろ、自分の親にも運転免許の自主返納を進めないといけないかも。事故を起こしてからでは遅い。

 



 



スポンサードリンク

韓国との関係について [政治、経済]

韓国との関係が少し大変なことになっている。そもそもの話としては、2015年12月28日に結ばれた合意事項にある。

慰安婦問題の解決として、韓国側が基金を設立し、日本はそこに10億円の拠出をするということで合意した。韓国側には、大使館前の慰安婦像の撤去について「適切に解決するように努力する」という内容だった。

日本側は、10億円を支払い約束を実行している。ところが、韓国側は大使館前の慰安婦像の撤去もせず、更に釜山の領事館前にまで慰安婦像が設置された。

日本側の対抗措置として、駐韓大使の一時帰国などを行った。


そもそも、大使館周辺においてその国の威厳を損ねるようなことをすることは「ウィーン条約」違反なので、一方的に撤去を要求できる。更に道路上に勝手に物を置くことは「道交法」にも違反する。
つまり、国際的な約束においても、国内法においても違反しているわけで、撤去することに何の不都合はないはずなのだが・・・

韓国においては、「民間の団体」が勝手にやっていることを政府が何もできないようだ。大統領の一連の疑惑でも、国民感情が一気に向かうと大統領でもどうにもならないらしい。司法においても、法律よりも国民感情が優先されるような事例もいくつかあった。
韓国人の感覚として、法律がすべて正しいとは思っていなくて、法律が間違っていれば従わず、正しいように法律を変えるように努力するという感覚があるらしい。
韓国人の著書にも、書いてあったので本音はそういうことなのだろう。

韓国というか朝鮮半島の歴史を見れば、政府とか国家が信用できないのは理解できる。だから、政府や国家が作った「法律」が重視せず、民衆の感情が一番という感じなのかもしれない。
だからといって、国家間で決めたことも反故にされるようであれば、どこの国も信用しないだろう。

ネットでの韓国人の反応としては、日本は信用できないとか、国が混乱しているときに圧力を加える悪いやつらというイメージのようだ。
いや・・・そもそも、どちらが先に事を起こしたのか?という点は、関係ないらしい。

韓国でも市民団体と言われる一部の人が慰安婦像を設置しているわけで、大半の人には関係ないという意味では理解できるのだけど、だからといって何をやってもいいというわけではない。

日本でも幕末に諸外国と条約を結んだ際に、条約は結んだけど港の開港が実施されず「のらりくらり」とかわしていたこともあったし、日米で合意した普天間基地の移転についても揉めていて履行できていない。
ただ・・・日本の場合は、結果的に開国したし、普天間基地の移転については政府側は努力している。

普天間基地の移転については、騒音や事故などのリスク、環境問題など移転に反対する理由があるわけで、問題のレベルが違う。

日本は、幕末から明治にかけての西欧化において「万国公法」など国際的な法律などを尊重する意識が強くなったと考える。大して、朝鮮半島においては李氏朝鮮時代から清の属国であり、国際的な感覚よりは清というか中国を見ていた。
いや、中国だけ見ていれば良かった。だから、日本は今でも「下にみている」。

問題のややこしいところは、この辺にあると思うし、歴史を少しでも勉強してみないと理解が難しい。

日清戦争の原因になった一連の事件において、朝鮮国内の政治的な分裂(親清派、親日派)が問題となり国内の親日派を排除するために清から軍隊を国内に呼び込んだ。
過去にも、秀吉が朝鮮半島に攻め込んだ際にも、当時の王であった宣祖は首都漢城府から逃げ出して明からの援軍を待つ有様だった。
暴君と言われる次の王である光海君は、首都に留まり戦っている。

明が援軍を送り、秀吉軍と戦い明との間に講和条約を結ぼうとしている時に「朝鮮抜きに講和はありえない」と明に対して要求していた。常識的には、まともに戦っていないのに講和条約だけ出てくるというのは考えられない。
そもそも、秀吉軍が攻めてきたとしても、真っ先に外国の軍隊である明の軍隊を国内に入れるということが信じられない。
同じことを日清戦争の前にも行っている。国内の政治対立を解決するために、他国の軍隊を呼び、対抗勢力を攻めさせる。

幕末の歴史を知っている人であれば、国内での内乱を早く終わらせるために双方に努力していたし、外国の勢力が入ることを最も警戒していたので朝鮮の行動は理解できない。
世界的に見ても、自国の政治的対立の解決のために他国の軍隊を自国に呼び入れる事例など聞かない。

「事大主義」と呼ばれるように、小国が大国につかえる、大国は小国に仁をもって接するという考えなのは理解できるけども・・・

最近の動きにしても、中国とも親密にして経済的な連携を強めようとしたけど、アメリカの要求で「THAADミサイル」を韓国国内に配備することで中国から反発を受けていた。
日本とも、日韓合意によって関係を修復しようとしていたけども、今回の件で一気に悪化した。

さらに、アメリカとは駐韓アメリカ大使が2015年3月5日にソウルで襲撃され重傷を負っている。犯人は、それまでも駐日大使に投石し事務官を負傷されて判決が出ているのに収監されていない。
アメリカ大使襲撃事件では、懲役12年が宣告されている。

韓国の外交としては、大国をうまく利用して上手く立ち回るというのを考えているらしいのだけど、結果的にはどこにも相手されていない。
北朝鮮も同じように、中国、アメリカから上手く支援をもらおうと動いている。どうも、考え方は同じらしい。

歴史的に見ても「自国の問題よりも、支援をしてくれない周辺国を恨む」というような事が多い。今回の件においても、支援しないことや圧迫することだけを批判している。
まずは、自国の行動を返り見て、問題を把握しなければ先には進めないはずなのだが。

靖国神社での爆発事件や、東北での神社に対する破壊行為など、これらの行為は日本の象徴的な物に対する破壊行為なので、本来は日本も徹底的に批判してもいいくらいの事件。
残念ながら、韓国とは今後も友好的な関係になることはないだろう。それは、歴史が証明している。
韓国から見ても、日本と関わることは避けたほうがいいだろう。


 



スポンサードリンク

クリスマスってピザだったんだ・・・ [日常]

最近知ったのだけど、クリスマスは宅配ピザ屋さんが大変らしい。近くに宅配ピザのお店があって普段はガラの良くない店員も何故かサンタの衣装。
逆に怖いくらい。
バイトで勤めた事もある人に聞いてみてもクリスマスは凄いらしい。

知らなかった・・・

クリスマスにケンタッキーが大変になることとか、クリスマスケーキでフジヤが大変になることは知っていたけどピザもか・・・

そもそも、クリスマスに縁がなかった人間からするとケーキもケンタッキーも関係なかったんだけどね。
それでも、ケーキとかは理解できるのだけど、ピザはクリスマスに食べなくてもいいように思うのだけど。

これって、昔からなんだろうか・・・

突然、振って沸いたようなハロウィンもそうだけど、いつのまにか定着する行事ってのは少し違和感がある。
バレンタインとか、土用の丑の日とか、大安とかもそうだよね。

土用の丑の日なんて、陰陽五行の考えからきていて土用の期間・・・(立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間の事)の中で、丑の日に「う」のつく食べ物を食べるという習慣からだし。
結構、こじつけと思う。大安吉日というのも、カレンダーを売るために日に占い的な物を追加したのが始まりとか。
一定期間でみんな同じように「いい日」があったり「まったくダメな日」があるというのもね・・・

元々は、「還暦」とかでも残っているように甲乙丙丁・・・と続く10干と子丑寅卯辰・・・と続く12支を組み合わせて日を表していたので、本来はその干支で吉凶を占うものだったんだけど。

これでも、60パターンしかないけど。

年の干支と、月の干支と合わせて占うと更に色々なパターンで占うことができる。

それくらいしないと、単純な6パターンの占いではなんとも・・・


 



スポンサードリンク

年賀状の季節です [日常]

もう、今週中に仕上げないといけません。今までは、適当な感じで作っていました。1人であれば今でもそうしているでしょう。適当に判子をかってきて、ポンポン押して何か書いておしまい。

そんな感じです。宛名も、パソコンソフトでツツーと印刷すればおしまいだったので、そんなに手間はかかりませんでした。ところが、今は宛名も手書きですしデザインとかも色々と凝るわけです。自分ではありませんよ・・・

しかし、画像加工ソフトを駆使しないといけませんから、主に作成するのは自分なんですね。いや、もう大変・・・

色々と方法はあるのですが、最初からソフトで作ってしまう方法もあるのですが、いかにもパソコンの画像って感じなので、最近は一旦紙に書いて、それをスキャナで読み込んでから加工しています。

そうすれば、手書きのようにもできますし、配置とかは後でも修正が可能です。場合によっては、色の補正とか影をつけるとかの加工も可能です。

おおまかな部分は完成に近づいていますが、配置のバランスとかも考慮しなければいけませんので、まだまだです・・・ 



 



スポンサードリンク
前の10件 | -