So-net無料ブログ作成

光学迷彩が実現可能か? [軍事]

スポンサードリンク




アメリカの大学では、実際に研究をしていて蜃気楼の原理で光学的な迷彩を行える実験をしているらしい。
蜃気楼は、大気中の温度差によって光の屈折が変わり、見えないものが見えたり遠くの地形が浮かんでみえるので、
それらの現象を利用すれば確かに可能。

実験でも、実際に出来ているので応用すれば光学迷彩も可能なのか?!

ステルス戦闘機のようなレーダーに映りにくいという話ではなく、実際に目に見えないってのは恐ろしい。
更に、瞬間的に時間を止める実験も成功したそうで、(かなり眉唾だけど)それらのことを組み合わせると、なんでも出来そう。

しかし、それらの装置を人が持ち運んで動けるのか?!

最初は、戦闘機、艦船などに搭載して実験でしょうね。

アメリカというのは、次々にユニークな事をやっています。
人に話すと「大丈夫か?!」というようなことを真面目に実験しているわけですから。

日本もゲームの世界では、光学迷彩やら色々と登場してくるのですがね・・・
それを真面目に研究という所までは行かないんでしょうね。

研究所なんかで、研究のテーマを発表して「光学迷彩の研究」なんて出したら、きっと真面目な顔で怒られるんだろうな・・・









スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。